ムツゴロウこと畑 正憲さんをはじめ、戌年の愛犬家として美川憲一さん、未唯mieさん、西田尚美さんも登場。 松岡英明さん、南野陽子さん、林 遣都さん、村上弘明さんのインタビューなど連載企画も豪華!!

2022年の1号目となる vol.5では、全編にわたって “犬” を大特集!

え、なんで “昭和シリーズ” の『昭和45年女・1970年女』で犬を特集するの?
そう思う読者は少なくないかも。でも、よく考えてみると… 私たち “70年女” は戌年生まれ。
じゃ、戌年の時に “犬特集” をやればいいじゃない、と思うかもしれませんが、次の戌年は8年後。
つまり70年女が還暦になる年で、まだ先すぎてそこまでは待てない!?
…ということで、寅年ではありますが、一年の始まりにこの特集を組むことになりました。

懐かしい思い出から、犬と一緒に見つめる未来まで…。
「過去と未来を結ぶタイムカプセル」をコンセプトとした、本誌ならではのワンちゃん大特集が幕を開けます!

昭和45年女・1970年女 Vol.5 表紙イメージ
『昭和45年女・1970年女』2022年3月号/vol.5…1月31日(月) 発売、定価780円 (税込) 。全国の書店・コンビニ、ネット書店、クレタ オンラインショップ等でお買い求めください。[表紙モデル: モコゾウ / 表紙イラスト: 本 秀康]

2009年創刊の『昭和40年男』、2019年創刊の『昭和50年男』。
株式会社クレタパブリッシングがお届けする年齢限定マガジン、“昭和シリーズ” 初の女性誌として昨年創刊した『昭和45年女・1970年女』。その最新号 vol.5を 1月31日 (月) に発行します。

特集は『われら戌年生まれ! やっぱり犬が好き』
表紙は、これまで人気作家の描き下ろしイラストが続いてきた本誌初の撮り下ろし写真。しかもワンちゃん!!
モデルを務めてくれたのは、CMでもお馴染み、現在人気急上昇のタレント犬・モコゾウくんです。
さらに、モコゾウくんの “育ての親” で、イラストレーターの 本 秀康さんが、愛する我が子の描き下ろしイラストを提供してくれました。

そんなモコゾウくんは、特集の巻頭グラビアにも登場!
ネコ写真を専門にしているカメラマンの関 由香さんによる撮り下ろしは、“モコゾウ目線” の愛らしいショットがもりだくさん。本 秀康さんが “モコゾウ愛” を語るインタビューは、愛犬家ならずともほっこりさせられます。

そしてなんと、昭和世代にとっての動物の大家といえばこの方!
ムツゴロウさんこと畑 正憲さんのインタビューも6ページにわたって掲載。
北海道・中標津町に住むムツゴロウさんを訪ね、3時間にわたるインタビューを行いました。
過去のエピソードから知る、ムツゴロウさん流の “犬とのつき合い方” は、対動物にとどまらない究極のコミュニケーション方法でした。

さらに、豪華特集インタビューが続々!
「戌年愛犬家インタビュー」に登場してくださったのは、大ベテラン歌手の美川憲一さん、ピンク・レディー未唯mieさん、タメ年女の女優・西田尚美さん。

映画コメンテーターでタメ年女でもある LiLiCoさんは「おすすめ80年代犬映画」の解説を担当。
また、占いサイトなどで人気の開運アドバイザー・川井春水先生に伺った、戌年女の運勢、開運方法も必読です。

連載コンテンツももちろん充実!
“70年女” が憧れた男性アーティストをフィーチャーしたグラビア連載企画「Spot light」には、デビュー35周年を迎えた松岡英明さんが登場。往年の “松BOWスマイル” がまぶしく誌面を彩ります。

70年女のライフスタイルに役立つ情報が満載の「1970年女のNOWを考える!」は、特別編の「犬と私たちのNOWを考える!」としてお届け。犬の保護活動でも知られる女優の浅田美代子さんへのインタビューや、70年女世代の愛犬家が集まっての座談会などで、“犬と私たちのこれから” を考えていきます。

こちらも人気のグラビア企画「年下の男の子」には俳優の林 遣都さんが、「先輩に聞け!」には憧れのアイドル・南野陽子さんが登場しています。

NHK BSプレミアム/NHK BS4Kで放送の『歌える! J-POP 黄金のヒットパレード』を手がける長尾賢治プロデューサーとアーティストが対談する連載企画「語ろう! J-POP」のゲストには中村雅俊さん。

ホットなカルチャーニュースをお届けする「カルチャークラブ」のページには、スペシャルインタビューとして映画『嘘喰い』に出演する村上弘明さんにご登場いただきました。

スミからスミまで愛すべきワンちゃんたちがいっぱい、貴重なインタビューも満載の『昭和45年女・1970年女』最新号 vol.5 は、2022年の戌年女 (じゃない人ももちろん) を癒やし、元気づけること間違いなしの一冊です。

どうぞご期待ください!

『昭和45年女・1970年女』媒体概要

昭和45年 (1970年) に生まれた “70年女” は、昭和の色がまだまだ濃かった70年代に少女期を過ごし、好景気に沸く80年代に青春期を過ごした女性です。
さまざまなカルチャーや流行が生まれ、感性を育み、社会進出も果たして現在も世の中で活躍する元気な “70年女” に向け、「昔大好きだった人やモノ」「今も大好きな人やモノ」「今だから大好きな人やモノ」を深掘り。
ドキドキワクワクするコンテンツをたっぷり詰め込んだ “過去と未来を結ぶタイムカプセル” は、どんなサプリよりも70年女を元気にします!

vol.5 特集テーマ

『われら戌年生まれ! やっぱり犬が好き』

戌年生まれの70年女に送る、渾身の “犬特集” 。
かわいい犬たちのページがいっぱい詰まっていることはもちろんだけれど…
そこはやっぱり “昭和シリーズ” の本誌ですから!
子供の頃に親しんだ、犬が大活躍した作品のプレイバックもたっぷり。
“あるある! あったあった!” が、これでもか!というほど詰まっています。

【年表】
1970年代〜2000年代 わんわんムーブメント

犬にまつわる出来事を年代別に紹介。人気犬種の移り変わり、犬が登場するドラマや映画、
アニメ、マンガなどなど、犬を通して社会の移り変わりを見てみるとなんと興味深いことか…。

【グラビア&インタビュー】
モコゾウ

表紙を飾ってくれた人気のタレント犬・モコゾウの撮り下ろしショットをたっぷり掲載。
ニコニコ顔から好奇心満々のお顔、お散歩ショットまで、モフがモフしてま〜大変!
身悶え必須の8Pです。育ての親・本 秀康さんのインタビューも。

【Special interview】
畑 正憲

ムツゴロウさんに、これまでつき合ってきた犬たちとのエピソードをうかがいました。

【戌年女の運勢と運気UP法】

秘伝の “13支うらない” を交えながら、開運アドバイザーの 川井春水先生が
戌年女の運勢と、幸せに生き抜くための開運方法を解説。

【戌年の愛犬家インタビュー】

70年女と同じ戌年に生まれた愛犬家が3人登場!
犬とのつき合い方を語るお話から、それぞれのキャリアや生き方が見えてくる貴重なインタビューです。
犬たちと一緒に撮った撮影では、普段見られない表情も!?

  • 美川憲一
  • 未唯mie
  • 西田尚美

【わんこマンガ】

犬がメインキャラクターとして描かれた70〜80年代マンガを大研究!

●インタビュー … たかなし♡しずえ が語る『おはよう! スパンク』

●読み物企画 … ・『動物のお医者さん』
        ・ 激萌え犬マンガ を語る! マンガヲタ座談会

【アニメーション】

70年女を泣かせた! 笑わせた! なごませた! 犬が大活躍するアニメをピックアップ。

  • 『フランダースの犬』
  • 『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』
  • 『ペリーヌ物語』
  • 『名探偵ホームズ』

【キャラクター】

70年女に限らず、幅広い世代に愛されている “犬キャラ” たちを集めました。

  • スヌーピー
  • わんこキャラ大集合

【音楽&映画】

レコードジャケットを飾った犬たち&映画で活躍した犬たちを紹介。

  • 犬ジャケ展
  • LiLiCo80年代犬映画 名作編

【テレビ】

ドラマ、バラエティ、CMと、テレビでも犬を見ない日はない!
テレビの世界で印象に残っている犬たちが大集合。

  • 犬がキーの名作ドラマ
  • 『きょうのわんこ』
  • 豆助図鑑
  • タレント犬たちのストーリー

【犬にまつわるエトセトラ】

世界、歴史の世界にも足をのばして、いろいろな犬たちを集めてきました。

  • ワールドセレブのお犬さま事情
  • お犬さまの史跡を求めて

連載企画

<Spot light vol.2>

松岡英明

1985年にデビュー、2020年に35周年を迎えた松岡英明さんの麗しのゴシックショット。
かつて飼っていた経験があるヨークシャテリアも参加し、癒しの “松BOWスマイル” が炸裂!

<犬と私たちのNOWを考える>

  • 浅田美代子インタビュー「犬との約束」
  • アラウンド70年女愛犬家による「ワンラブ座談会」
  • ウチの子自慢
  • ドッグヨガ

<連載インタビュー企画>

●先輩に聞け! … 南野陽子
●年下の男の子 … 林 遣都
●カルチャークラブ special interview … 村上弘明
●長尾賢治プロデューサーの「語ろう! J-POP」 … ゲスト: 中村雅俊

<豪華連載陣>

●宇山あゆみ、ギャランティーク和恵、島村洋子、猫の伝説、九星気学占い、いのうえさきこ

下記のWebページでも誌面サンプルとともに目次を公開中です!

昭和45年女・1970年女 Vol.5

『昭和45年女・1970年女』vol.5 誌⾯紹介

昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
巻頭インタビュー / Spot light
松岡英明
70年女がティーンの頃に憧れた男性アーティストのグラビア企画の第2回に登場するのは、デビュー35周年を機に、精力的な動きを見せている松岡英明さん。王子様然とした衣装に “松BOW” スマイルと、デビューした80年代当時と印象がまったく変わらない彼が目の前に──。かつての自分を振り返りながら、今だからこそ感じるリアルを突き詰める。
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
巻頭特集 / やっぱり犬が好き
モコゾウ、日々ところどころ
好奇心に満ちたまんまるの瞳、こっちまでエヘッとなってしまう笑顔。このお顔を見たら、身体の中の邪気がぜーんぶ飛んでいってしまいそう! 身悶え必至のモコゾウショットが戌年生まれの70年女を元気にしてくれます!
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
巻頭特集 / やっぱり犬が好き
special interview
ムツゴロウ流・犬とのつき合い方

私たち70年女にとって、動物と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、“ムツゴロウさん” こと 畑 正憲さん。動物たちとじゃれ合う姿は、今でも脳裏に焼きついている。そんなムツゴロウさんに犬の話を聞きに行けることに! 2021年12月、北海道・中標津町に到着した取材班を、御年86歳のムツゴロウさんは温かく迎え入れてくれた。ああ、緊張する…! あのムツゴロウさんが目の前に…!
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
巻頭特集 / やっぱり犬が好き <戌年愛犬家インタビュー>
犬に守られたからこそ犬をリスペクトしたい
美川憲一

戌年生まれの大先輩、美川憲一さんも大の犬派。70年女が生まれる5年前にデビュー、山あり谷ありの57年の芸能生活を支えてくれたのが犬だったという。そんな “守り犬” との珠玉のエピソードを。
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
巻頭特集 / やっぱり犬が好き <戌年愛犬家インタビュー>
私の思い出のパートナーたち
未唯mie

戌年生まれで大の犬好き、ピンクレディーの未唯mieさん。これまでに一緒に過ごしてきた愛犬たちの思い出を、やさしく語りかけるように話してくださいました。
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
巻頭特集 / やっぱり犬が好き <戌年愛犬家インタビュー Featuring タメ年女>
輝くタメ年女優の笑顔の秘訣!
西田尚美

朝ドラでの母親役など、印象的な役をたくさん演じている女優・西田尚美さんは輝ける70年女。 愛犬のネムちゃんと共に本誌初登場! ネムちゃんとのほっこりエピソードと50代を生きるタメ年インタビューの2本立てでお届けします。
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
巻頭特集 / やっぱり犬が好き
70年女的 No.1ワンコマンガ
おはよう! スパンク

70年女たちが8歳の時に『なかよし』で連載が始まった『おはよう! スパンク』。 その愛くるしい姿にみんなが胸キュン! すぐ大人気に。今でも犬をメインキャラにしたマンガというとこの作品をあげる人が多いのでは。
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
1970年女のNOWを考える! / 特別編「犬と私たちのNOWを考える!」
犬との約束
浅田美代子

人間の力になってくれる動物が大好き。だからこそ彼らには幸せになってほしい。苦しむ動物を見過ごすことができず、忙しい女優業の合間を縫って保護活動を続ける浅田美代子さん。今、私たちが犬たちのためにできることを一緒に考えます。
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
連載インタビュー企画 / 年下の男の子
“苦しいことが続いている世の中で、お芝居が希望になっている”
林 遣都

現在、テレビドラマに欠かせない俳優となっている 林 遣都さん。そんな彼が6年前から立ち始めた舞台で、心を新たにしている。作品の見所を語りながら、自身の役者観や未来の自分に目を向けた話をしてくれました。
昭和45年女・1970年女 Vol.5 誌面紹介
連載インタビュー企画 / 先輩に聞け!
“ドアを開けて新しい靴で一歩ずつ履き慣らしていきたい”
南野陽子

ドラマに映画、CMに歌手と、その清純で可憐なルックスで日本中を魅了した南野陽子さん。男性のみならず同性にとっても魅力的で、憧れを抱いた70年女も多いはず。現在は実力派女優としてキャリアを重ねる先輩に50代を楽しく生きるうえでのアドバイスをいただきました。

​雑誌 『昭和40年男』『昭和50年男』『昭和45年女・1970年女』(クレタパブリッシング発行) とは

さまざまな体験の積み重ねが人間を形成していくのであれば、それらをひもといていくことは、自らのルーツを探る、すなわち今の自分を知ることと同義のはず。単なる「懐古趣味」ではなく、“故きを温ね新しきを知る” ──「温故知新」を目指して刊行してきた『昭和40年男』は、「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」を「明日を生きる活力」に変えることをコンセプトとした、昭和40年 (〜41年3月) 生まれの男性のための情報誌です。

そのコンセプトを引き継ぎつつ、2019年には兄弟誌『昭和50年男』を創刊。さらに2021年、新たな女性誌への挑戦として、姉妹誌『昭和45年女・1970年女』も発行いたしました。内容はそれぞれの年生まれ向けに特化していますが、昭和を振り返りたい、知りたい方でしたら、もちろん世代や性別を問わずにお楽しみいただけます。

『昭和40年男』

『昭和50年男』

『昭和45年女・1970年女』

クレタ オンラインショップ