キョンキョンを筆頭に、秋吉久美子さん、小林聡美さん、鈴木祥子さん、長与千種さん、岩井志麻子さん… と、昭和40年男世代がシビレた、まさに「カッコいい女たち」が続々登場、インタビューも満載!

昭和40年生まれの男性向けに、ピンポイントで “刺さる” コンテンツを満載した年齢限定マガジン『昭和40年男』。通算66号目となる4月号を3月11日(木)に発売いたします。毎号大ボリュームでお届けしている巻頭特集は「俺たちをゾクゾクさせた カッコいい女たち」。それぞれに個性的で魅力的、昔も今もカッコいい、シビレる女性たちのインタビューを多数掲載しています。ぜひ、お手に取ってご覧ください!

昭和40年男 Vol.66
『昭和40年男』2021年4月号/vol.66 3月11日(木)発売、定価780円(税込)。全国の書店・コンビニ、ネット書店等でお買い求めください。(表紙:小泉今日子/撮影:落合隆仁)

巻頭特集は「俺たちをゾクゾクさせた カッコいい女たち」!

男はこう、女はこう、ということが簡単には言いづらくなった最近の世の中。ですが、弊誌の読者である昭和40年男世代であれば、子供のころからきっと、カワイイ女の子は大好きだったことでしょう。しかし徐々に自分たちが“男”であることを意識していくなかで、いつからか、ただカワイイだけに留まらない「カッコいい女たち」にも魅かれ、憧れるようになっていったのではないでしょうか。

そんなところから企画された今回の特集は、6部構成でお届けします。【part 1】は「小泉今日子」。表紙にも登場のトップバッターとして、本人へのインタビューはもちろん、1パートをまるまる使ってキョンキョンの魅力を大解剖。歌手として、女優として、著述家として… 彼女のもつさまざまな顔についても掘り下げていきます。続く【part 2】「魅惑とエッジの女」にも、錚々たる「カッコいい女たち」が登場。秋吉久美子さん、小林聡美さん、鈴木祥子さん、長与千種さん、岩井志麻子さん… と、いずれも興味深く魅力的な女性たちに、充実の直撃インタビューで迫ります。

【part 3】「伝説の女」オノ・ヨーコ向田邦子マドンナ安井かずみ桃井かおりジェーン・バーキン大貫妙子… と、コチラもバラエティに富んだセレクトでお届け。【part 4】「フィクションの女」では、『昭和40年男』ならではの切り口で、“カッコいい”架空の女性キャラクターに注目。『あしたのジョー』の白木葉子、『ルパン三世』の峰不二子を筆頭に、さまざまな作品から「マンガの世界のイイ女」もご紹介します。

【part 5】「事件簿」では、かつての人気番組『ウィークエンダー』感覚(?)で、「三和銀行横領事件の女」を取り上げ、「昭和をにぎわせた 事件な女たち」を振り返ります。【part 6】「歌の中の女」では、中島みゆきと松任谷由実、ある意味対照的な2人の女性シンガーソングライターをクローズアップし、それぞれの歌に登場する女たちの姿を浮かび上がらせます。

連載企画ももちろん充実!

毎号ある一年にスポットを当て、その年のトピックスを“再検証”する連載特集「夢、あふれていた俺たちの時代」では、昭和40年男が22歳の年、バブル真っ只中の 昭和62年 (1987年) をフィーチャー。村上春樹『ノルウェイの森』発表、映画『スタンド・バイ・ミー』日本公開、雑誌『TV Bros.』創刊などを取り上げています。

また、毎号掲載のインタビュー企画では、新たにタメ年+ー(プラスマイナス)1歳の人物を直撃する「ちょっと気になる1個違い」がスタート。記念すべき初回は1歳先輩の“よっちゃん”こと野村義男さんが登場。たのきんトリオ、The Good-Byeを経て、百戦錬磨のギタリストとして活躍する現在までたっぷりと語っていただきました。他にも、「俺たちのアイドル」には、これまたカッコいい女性の寺田恵子(SHOW-YA)さん、「ガツンとひと言。兄貴の説教」には松尾伴内さん、「追憶のボール」には元・阪急の山田久志さんと充実!

今回もまさにゾクゾクワクワク!の『昭和40年男』4月号/vol.66。ぜひお買い求めください!

『昭和40年男』2021年4月号/vol.66 誌面紹介

※文中敬称略

昭和40年男Vol.66 小泉今日子
巻頭特集/カッコいい女たち <part1 小泉今日子>
タメ年諸君!! 一緒に声を出していこうぜ!
小泉今日子インタビュー

「Yeah!」と軽やかにキョンキョンの登場だ。16歳でデビューしてから39年。その間、一貫して「新しいこと」「おもしろいこと」に取り組んできた。アイドルから作詞家、俳優、著述家、プロデューサー…とフィールドを広げながら輝き続ける“同期の星”が今の想いを語り尽くす!
昭和40年男Vol.66 秋吉久美子
巻頭特集/カッコいい女たち <part2 魅惑とエッジの女>
時代を映す女優として輝き続ける
秋吉久美子

1970年代の“顔”でもある秋吉久美子は、俺たち子供にとっても注目の存在だった。三ツ矢サイダーのCMでの笑顔に心をつかまれ、ユニークな言動にも惹かれた。さらにそれ以降も、映画『の・ようなもの』をはじめ、数多くの作品で俺たちの視線をくぎづけにした。
昭和40年男Vol.66 小林聡美
巻頭特集/カッコいい女たち <part2 魅惑とエッジの女>
常に刺激を受ける同級生女優
小林聡美

快活な少女から、スローライフな生き方を実践する女性まで、変幻自在の演技でいつも僕らの心をとらえる名女優・小林聡美。昭和40年男と同い年の彼女に、常に挑戦し続ける、ナチュラルな生き方の極意を聞いた。
昭和40年男Vol.66 マドンナの真実
巻頭特集/カッコいい女たち <part3 伝説の女>
ライオットガールとしての重責と闘うクイーン・オブ・ポップ
マドンナ

「女性に表現豊かになる自由を与えたのは私」。デビューから約40年、常に世のセックスシンボルであり、ポップアイコンであり続けたマドンナ。あらためてその、波乱と刺激に満ちたライオットガールの“我が闘争”に迫る。
昭和40年男Vol.66 白木葉子
巻頭特集/カッコいい女たち <part4 フィクションの女>
矢吹 丈をリングへ導く財閥令嬢
白木葉子

自らの意思で行動し、想いを貫いたクールビューティー。カッコいい女はエイジレスだ。誕生から半世紀を越えて語り続けられる白木葉子。作中で貫かれた彼女の生き方は単なるヒロインの枠を越えて、主人公の命運を握る重要人物として我々に強烈な印象を残した。
昭和40年男Vol.66 アントニオ猪木への ビートたけしの挑戦状!
連載特集/夢、あふれていた俺たちの時代 昭和62年
玉袋筋太郎が語る「’87イヤーエンド・イン国技館」
アントニオ猪木へのビートたけしの挑戦状!

1987年、ビートたけしが『オールナイトニッポン』の番組内で、たけしプロレス軍団を立ち上げ、アントニオ猪木への挑戦をぶち上げた。当初は冗談と思われたこの企画は、たけしが国技館のリングに登場するなど実現に至ったが、ファンの反発は大きく大暴動に発展してしまった。
昭和40年男Vol.66 野村義男
新連載(インタビュー)/ちょっと気になる1個違い
野村義男 (ギタリスト)
「誰かの後ろでギターを弾くことほど楽しいことはないです。」

俺たちが生きた時代において、年齢差とは絶対的な価値基準だった。特に1個違いはわずかな時間差ながら天国と地獄を連れてくる。この連載は、ほぼ同じ時代を生きてきた1個差から気になる男に登場願い、人生を語っていただく。第1回は、たのきんトリオで人気を博した、ギタリストの野村義男だ。
昭和40年男Vol.66 寺田恵子(SHOW-YA)
連載インタビュー企画/俺たちのアイドル
寺田恵子 (SHOW-YA)
「魂が震えるような歌を、まだまだ歌い続けたい。」

男性バンドでも30年を越える活動歴をもつものはそうそうないが、女性ロックバンドで長いキャリアを有しているのはSHOW-YAが日本で唯一。今なお、当時と変わらぬ、いや当時以上に迫力あるボーカルを聴かせるロッククイーン、寺田恵子がロックな人生を語る。

『昭和40年男』2021年4月号/vol.66 CONTENTS

俺たちをゾクゾクさせた
カッコいい女たち

男は“名前を付けて保存”し、女は“上書き保存”するとよく言われる。本誌に懐古趣味はなく、“明日への元気と夢を満載”を掲げて発行しているものの、「名前を付けて保存」の性分が抜けない同世代諸氏は多かろう。

そんな男たちに、小泉今日子さんがガツンとひと言、「過去がよかったなんて絶対言わない」とモノ申してくれた。1982年に俺たちの前に登場した彼女は、なんてったってアイドルだと歌い放ちつつ、ヤマトナデシコを七変化させる。超絶にかわいくて、そして最高にカッコいい存在だった。彼女のカッコよさの本質は「今が楽しい」にあるのだ。

男として生まれたガキの頃は、かわいさに基準を置いて女の子を眺めた。しかし、男の内側にある男に気がつき始めたのと時を同じくして、白木葉子や峰不二子といったフィクションの女性、秋吉久美子や桃井かおりなどのリアルな女性を観て、女のカッコよさという魅力に目覚め、翻弄され始めた。やがて、中学や高校時代になるとクラスメイトにもカッコいい女がチラホラ見つかるようになる。それはブラウン管の中と同じく少数派だったが、小学生の頃にかわいこちゃんを価値基準の最上位においていたのとまるで入れ替わったかのように、惹かれ恋心を燃やした(そして散っていった)。

そんなタイミングで現れたのがキョンキョンだったのだ。今回の特集では彼女にトップバッターをお任せしたわけだが、ここより続く女たちもすべて俺たちが男の道を突き進んでいくなかで唸らされた人物ばかりだ。この特集を読み終わった時、「過去がよかったなんて絶対言わない」という言葉が胸に沁みるに違いない。さあ、男たちよ。彼女たちの魅力をいま一度身体中に取り込んで立つのじゃー。いざっ、進め!! 俺たちはまだまだこれからだぜ。

俺たちをゾクゾクさせた カッコいい女たち

【part 1】小泉今日子

  • 小泉今日子 インタビュー
  • 小泉今日子 ヒストリー
  • 歌手 小泉今日子
  • 女優 小泉今日子
  • 著述家 小泉今日子

【part 2】魅惑とエッジの女

  • 秋吉久美子 ― 時代を映す女優として輝き続ける
  • 小林聡美  ― 常に刺激を受ける同級生女優
  • 鈴木祥子  ― 揺るぎない価値観をもったポップな美学
  • 長与千種  ― 女子プロレス界の革命戦士
  • 岩井志麻子 ― 生命線が3本ある強運の女傑降臨!

【part 3】伝説の女

  • オノ・ヨーコ ― ジョンの魂を揺さぶった母性と創造力
  • 向田邦子   ― よく働き、よく遊んだ人
  • マドンナ   ― ライオットガールとしての重責と闘うクイーン・オブ・ポップ
  • 安井かずみ  ― やりたいことをやり尽くした作詞家
  • 桃井かおり
  • ジェーン・バーキン / 大貫妙子
  • 劇中の強い女たち

【part 4】フィクションの女

  • 白木葉子 ― 矢吹 丈をリングへ導く財閥令嬢
  • 峰不二子 ― 男も女も求める美の理想
  • “好き”だけでは言い尽くせない マンガの世界のイイ女

【part 5】事件簿

  • 世間をにぎわせた美人ハイミスの貢ぐ愛 三和銀行横領事件の女
  • 昭和をにぎわせた 事件な女たち

【part 6】歌の中の女

  • 中島みゆきの歌に出てくる女たち
  • 松任谷由実の歌に出てくる女たち

連載特集: 夢、あふれていた俺たちの時代 昭和62年(1987年)

  • 昭和40年男的こころのベストテン
  • 玉袋筋太郎が語る 「’87 イヤーエンド・イン国技館」
  • ガンズ・アンド・ローゼズ、デビュー
  • 村上春樹『ノルウェイの森』発表
  • 東亜学園 夏の甲子園ベスト4
  • 『TV Bros.』創刊
  • 映画『スタンド・バイ・ミー』日本公開

新連載 (インタビュー企画)

  • ちょっと気になる1個違い
    野村義男 (ギタリスト)
    「誰かの後ろでギターを弾くことほど楽しいことはないです。」

連載インタビュー企画

  • 俺たちのアイドル
    寺田恵子 (SHOW-YA) 「魂が震えるような歌を、まだまだ歌い続けたい。」
  • 追憶のボール 第二十六球
    山田久志 「門田が打席に入るとチームの勝利はもう度外視で一対一の勝負に没頭する。」
  • ガツンとひと言。兄貴の説教
    松尾伴内 「たとえ失敗してもその経験は決して無駄にはならない。」

昭和40年男のための健康講座

  • 意外と知らない 手の爪・足の爪の健康と疾患

コラボ企画

  • THE WORLD of ROYAL ENFIELD

3.11 特別ページ

  • 10年の時を経て、なお変わらぬ叫びを今─

連載

昭和40年の男 (泉 麻人) / デジとの遭遇 (山崎 功) / 悲惨な戦い (カベルナリア吉田) / 昭和鉄道S40系 (西川卓志) / みくに文具のプラモ棚 (上田 大) / 昭和アイドル・キャッチフレーズ研究所 チェリーのアイドルボム / DJフクタケの 謎の円盤POP気まぐれ福田君新聞 (福田幸広) / 安田謙一の 西の国から吹くコラム Sangari★a / 人情、激情、愛情!! 昭和政治は浪花節 (濱口英樹)

雑誌『昭和40年男』『昭和50年男』(クレタパブリッシング発行)とは

さまざまな体験の積み重ねが人間を形成していくのであれば、それらをひもといていくことは、自らのルーツを探る、すなわち今の自分を知ることと同義のはず。単なる「懐古趣味」ではなく、“故きを温ね新しきを知る” ─「温故知新」を目指して刊行してきた『昭和40年男』は、「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」を「明日を生きる活力」に変えることをコンセプトとした、昭和40年 (〜41年3月) 生まれの男性のための情報誌です。そのコンセプトを受け継ぎ、10周年という節目の新たな挑戦として2019年10月に、10歳下の世代・昭和50年 (〜51年3月) 生まれの男性へ贈る兄弟誌『昭和50年男』も新創刊。内容はそれぞれの年生まれ向けに特化していますが、昭和を振り返りたい、知りたい方なら、もちろんどんな世代でもお楽しみいただけます。

『昭和40年男』

『昭和50年男』

ラジオでも『昭和40年男』コーナーを展開! 編集長・北村が出演中

  • SBC信越放送『MiXxxxx+ (ミックスプラス) (月~金 13:00~16:20) 内
    「ミックス・トークセレクション」の「われら昭和40年男」(月 13:13~)
    番組公式サイト:https://sbc21.co.jp/blogwp/mixplus/
  • コミュニティ放送局・エフエム世田谷
    『アフタヌーンパラダイス』(月~金)
    木曜日/パーソナリティー 杉 真理さん (13:00~16:55) 内
    マンスリーコーナー「ラヂオ昭和パラダイス!」(第3木曜日 15時台)
    番組公式ブログ:http://blog.afpara.com/?cid=5