日本のカジノはいつできる?カジノ法案どうなった?専門家が解説!

日本のカジノいつできる?

2016年12月に統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立し、いよいよ国内でのカジノが解禁されようとしています。

しかし、ギャンブル依存症・治安悪化などの懸念の声も少なくなく、「日本にカジノはいつできるの?」「実際に日本にカジノができたらどのような遊び方になるの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、カジノ法案のメリット・デメリットを紹介した上で、日本国内のギャンブルがいつどこにできるのかを解説していきます!

目次

カジノ法案(IR推進法)とは?

カジノ法案(IR推進法)とは?

そもそもカジノ法案とは、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」のことを指し、統合型リゾート(IR)整備推進法案とも呼ばれています。

日本でカジノを解禁するだけでなく、統合型リゾート(IR)を作るために作られた法律ですが、国内でカジノをオープンさせるための流れや規制、実際にカジノを運営する際の規制事項が法律としてまとめられています。

カジノ法案の目的

日本政府は、カジノ法案の目的・基本理念を以下のように述べています。

(目的)

第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

(基本理念)

第三条 特定複合観光施設区域の整備の推進は、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現し、地域経済の振興に寄与するとともに、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ施設の収益が社会に還元されることを基本として行われるものとする。

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律

カジノ法案は、カジノを含む統合型リゾートを設置するために必要な法律として作られました。

上記の法律は「財政難を乗り越えるために、IR(統合型リゾート)を作って観光客を呼び込もう」「その中にはカジノ施設も含まれるため、適切に管理・運営を行おう」という内容です。

カジノ法案と呼ばれていることから、国内でカジノを解禁する法律だと勘違いする方も多いですが、本来の目的は外国人観光客を集めるためのリゾート施設を作り、地域経済の振興・地方財政の改善を図ることだと覚えておきましょう。

IR(統合型リゾート)とは?

IRという言葉は「Integrated Resort」の略語で、統合型リゾートと訳されます。

IRにはカジノだけでなく、国際会議場やホテル、ショッピングモールなどの複合型商業施設を含みます。

カジノの印象が強いため、大人がギャンブルを楽しむ場だと思っている方もいるかもしれませんが、これから日本国内で作られるIRは、老若男女問わず楽しめる施設が集まったリゾートを想定されています。

つまり、カジノを含んだリゾート施設の開発と運営に関する法律がIR法ということになります。

世界のIR

「IRの想像がつかない」という方向けに、世界のIRをいくつか紹介します。

シンガポール

マーライオンと同じくらい有名な「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上プールも、IRの一つです。

シンガポールは2つのIRが開業しており、観光収入が以前の2倍に伸びたことで話題になっています。

日本のIRのお手本としても採用されているため、シンガポールのIRを想像しておくと良いでしょう。

マカオ

マカオは、日本からも行きやすいIRとして有名な「ヴェネチアン・マカオ」があります。

名前の通り、館内全体がヴェネチアの街となっており、ゴンドラを使ってショッピングを楽しむことが可能です。

その他にも、エッフェル塔がシンボルとなっている「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きなIRが知られています。

ラスベガス

アメリカのラスベガスは、世界有数のカジノ都市の一つに数えられます。

その中でもラスベガス初のカジノホテルである「フラミンゴ・ラスベガス」は、オールド・アメリカンなカジノのイメージがそのまま再現されており、映画のような世界観でカジノを楽しめます。

モナコ

「お金持ちの国」として名高いモナコは、ゴージャスなIRがあります。

特に「カジノ・ド・モンテカルロ」は宮殿のような外観で、地中海沿岸のコート・ダジュールを一望できるテラスでカジノを体験できます。

優雅に過ごすには最適なリゾートで、一度は行ってみたい夢のようなIRとして知られています。

カジノ法案(IR推進法)のメリット

カジノ法案(IR推進法)のメリット

カジノ法案が成立して日本にカジノができた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

予想できる3つのメリットについて解説します。

観光客増加に伴う経済効果

日本への観光人口は、2009年が約600万人だったのに対し、10年後の2019年には約3188万人と5倍近くになっています。これは観光に力を入れ始めたからだと言われており、日本政府はさらに外国人観光客を増やそうとしています。

カジノ法案もその政策の一つで、海外からの観光客を増加させ、長期に渡る低成長・不景気から脱却することが目的です。

今まではカジノがないことを理由に日本に訪れなかった外国人でも、カジノが認められているリゾート地を作れば、旅行先として日本を選ぶ可能性も高くなるでしょう。もちろん、日本人の国内旅行先としても魅力的に映るはずです。

日本のカジノで外国人観光客が遊んだお金も日本の収入になりますし、IR以外の観光地もその恩恵を受けられます。日本は京都や奈良などの魅力ある観光地が多い分、カジノを設置するだけでも観光客数は爆発的に増えるでしょう。

ちなみに、大阪にカジノができた場合、1兆3300億円の経済効果を見込めると発表されています。オリンピックや万博など一時的なものではなく、毎年1兆円を超える収入を見込めるので、非常に大きな経済効果を期待できます。

雇用促進に伴う経済効果

日本の失業率は他国に比べて低いものの、日本の場合、雇用者全体に占める派遣・一時雇用の人の割合も高いため、安定した生活を送れている人は一握りです。

カジノが設置された場合、新設されたカジノはもちろんのこと、リゾート施設内でも多くの従業員が必要になります。また、新型コロナウイルスの影響を受けて不況な航空業界も、人手不足になるでしょう。

さらに、リゾートに納品する食品や設備の業者、物流関係の業者などの事業も好調になることで、日本全体で雇用が促進されると考えられます。

もちろん、カジノ開業都市の雇用状況が改善されるだけではなく、他の観光地のホテルや交通機関、旅行会社、航空会社も人出が足りない状況になって、大きな経済効果を期待できます。

インフラ整備に伴う地域の活性化

日本が好景気だった頃は、毎年のように道路整備を行ったり、地域住民のための大型施設を積極的に建設したりしていました。

しかし、近年日本の財政状況は悪化しているため、インフラ整備は後回しにされており、建設業者は厳しい現実に直面しています。

今後、日本国内へカジノが設置されることで、カジノの建設やホテルの建設など直接的な部分はもちろんのこと、リゾート内の道路整備や、空港や主要駅からの導線の確保などインフラの整備が必要となります。

IR開発によるインフラ整備は今までにない大規模なインフラ整備となるので、日本経済が一気に好転するきっかけとなる可能性もあります。

カジノ法案(IR推進法)のデメリット

カジノ法案(IR推進法)のデメリット

雇用の促進や地方財政の改善など、カジノ法案には経済効果のメリットが多い反面、デメリットもあると知っておく必要があります。

ここでは、カジノ法案のデメリットについて確認していきましょう。

ギャンブル依存症患者の増加

2024年現在、日本国内には競馬やパチンコなどのギャンブルから抜け出せず、生活が苦しくなっている人も数多く存在します。

そこにカジノが登場すれば、ますますギャンブルに依存してしまう人が増え、その結果自己破産する人も出てくるでしょう。

しかし、カジノはお金持ちを対象とすることがほとんどなので、日本でも特定の観光地にしか設置されない予定です。そのため、依存症になるほど通うのは難しく、競馬やパチンコほどのリスクはないと言われています。

さらに、日本人の場合は1ヶ月あたりの入場回数を制限しようという動きが出ているため、カジノ依存症に関しては過度に心配する必要はないでしょう。

治安の悪化

国内にカジノ施設が誕生することで、カジノで大金を稼いだ人を狙ったスリや強盗が増加するのではないか、といった声もあります。

また、カジノ目的の外国人観光客が増えると、住宅地で騒いで地域住民に暴力をふるったり、不法滞在したりする人が現れるという心配もされています。

しかし、カジノ施設を含むリゾート地は、住宅街とは離れた場所に設置しようと考えられています。実際、2023年4月にIR開業地として認定された大阪市も、花区「夢洲(ゆめしま)」という埋立地にIRを建設する予定です。

もちろん、IRには警察が配置され、カジノ施設も個別に民間のセキュリティー会社に防犯対策を依頼するでしょう。このように、通常の住宅街よりも治安が良くなる可能性もあるため、そこまで不安に思うことはありません。

マネーロンダリングの増加

カジノは「大量な資金を動かしても特別視されない」「カジノ内ではチップを仲間と共有できる」という特徴があることから、マネーロンダリングの危険性があると言われています。

マネーロンダリングとは、違法な取引で得たお金を他人や架空の名義で複数の銀行口座を通し、お金の出所をうやむやにすることを指します。

日本の金融機関はチェックが厳しいため、数億円の現金を金融機関に入金した場合は監視の対象となります。しかし、カジノは富裕層も多く、1回で数億円を賭けるのはそれほど珍しいことではありません。

また、カジノ内では現金をチップに交換してプレイするので、チップの受け渡しをしただけで悪い目立ちすることはないでしょう。そのため、現金を受け渡しするよりも金融機関や警察の目をごまかしやすいと考えられます。

しかし、日本政府もマネーロンダリング防止のため、ラスベガスがある「ネバダ州」のゲーミング法などを参考に、さらなる法律の整備へと動き出しています。

さらに、カジノ施設を含むリゾート内のスタッフについてライセンス制を採用し、モラル教育を徹底することを通して、JRAが運営する「中央競馬」以上にマネーロンダリング対策を講じる予定です。

日本にカジノはいつできる?

日本にカジノはいつできる?

2018年にカジノ法案が成立し、2023年4月に日本発のIR開業地が大阪市に決定されました。

ここでは、これまでの動きを振り返ったうえで、今後どのような流れで開業に至るのかを解説していきます。

カジノ法案どうなった?現在までの流れを解説

カジノがオープンするまでの流れ
STEP
IR推進法が公布・施行する

2016年12月、「カジノ管理委員会を設置して体制を整え、適切なカジノ施設の管理・運営を目指そう」という内容のカジノ法案(IR推進法)が成立しました。

また、地方公共団体の構想を尊重しつつ、IRの設置を行うことが基本方針とされました。

この最初のカジノ法案は今後の方針を定めるための法律なので、詳しい整備内容や運営ルールについては、「IR実施法」や「ギャンブル等依存症対策基本法」で定められることになります。

STEP
IR推進本部が設置される

2017年3月、カジノ法案を円滑に推し進めるための組織として「IR推進本部(特定複合観光施設区域整備推進本部)」が設置されました。ちなみに、本部長は岸田文雄首相です。

これ以降、IR推進本部が中心となって、法整備を含む、IR開業に必要となる全体的な流れが進んでいくことになります。また、IRに関する法律は全てこの組織で整備された後に国会へ提出されます。

STEP
IR実施法が成立する

2018年7月、IR推進法案よりも具体的な内容が記載されている「IR実施法」が成立しました。

IR実施法には、カジノ事業免許や入場料、入場制限、カジノ管理委員会の設置について定められています。

STEP
ギャンブル等依存症対策基本法が成立する

同じく2018年7月に成立したギャンブル等依存症対策基本法では、政府が基本計画を定め、それらをもとに自治体・事業者が対策計画を策定しました。

また、推進本部も設立され、毎年5月14日~20日を「ギャンブル等依存症問題啓発週間」にすることが決定しました。

この法律にはパチンコについての記載もあり、日本の法律で初めてパチンコがギャンブルだと認められました。

STEP
カジノ管理委員会が発足する

2020年1月、カジノ運営に必要な業務を統括する目的で「カジノ管理委員会」が発足しました。

IR推進本部はIR開業前の法整備を統括する役割、カジノ管理委員会は開業後の運営体制を統括する役割を担っており、カジノ事業やカジノゲーム関連機器の監督・免許の審査などを行います。

また、反社会的勢力の排除やギャンブル依存症への対策、マネーロンダリングの防止などを目的とする活動も行っています。

STEP
基本方針の策定

2020年12月、日本政府がIR設置の基本方針を策定しました。

基本方針には、汚職を防止するために「IR事業者と面談する際は複数人で対応する」ことや、感染症流行を受けて「自治体・IR事業者に対して感染症対策を求める」ことが定められています。

STEP
IR区域整備計画の新生

2021年10月~2022年4月の半年間に渡り、日本初のIRを誘致したい自治体が「IR区域整備計画」を国に提出しました。

第一弾のIR開業で計画を提出したのは「大阪市」「長崎県」で、国が厳正に審査を行ったうえで、認定するかどうかを判断します。

STEP
日本初のIR開業地が大阪市に決定する

2023年4月、国は大阪市が提出した計画を認定し、日本発のIR開業地が大阪市に決定しました。認定を受け、大阪市は2029年の開業を目指して開業準備を進めています。

また、長崎県は国が引き続き審査を行っており、認定を受ければ第二のIR開業地として開業準備を進めることになります。

STEP
IR開発がスタート

2024年現在、自治体とIR事業者、インフラ会社が連携してIR開発がスタートしています。

開業地となる夢洲の地盤沈下問題や、先ほど述べたギャンブル依存症問題などを解決しながら、日本初のIRを実現しようと奮闘中です。

このように、IR設置のために日本政府・自治体・インフラ会社は長い期間動いてきました。

日本にカジノができる時期は2029年予定

カジノ法案が成立した当初は、2025年に日本初のカジノがオープンすると考えられていましたが、新型コロナウイルスの蔓延によって予想通りに計画を進められなくなってしまいました。

そして、2023年4月に、日本初のIR開業地が大阪市に決定しました。大阪市は2029年の開業を目指すとしているものの、現段階で既にスケジュールが若干遅れているため、延期になる可能性もあります。

開業するための課題はまだまだ山積みですが、日本にカジノ施設ができるのを楽しみにしていましょう!

カジノの候補地は大阪市に決定

カジノの候補地は大阪市に決定

かつては北海道から沖縄までの日本全国の10都市がカジノ誘致の候補地として立候補していましたが、実際に「IR区域認定申請」を提出したのは「大阪市」「長崎県」の2つの自治体のみです。

その中でも、大阪のIR区域整備計画が最初に認定されたので、日本初のIR開業地は大阪市になる予定です。

IR開業地は大阪市此花区「夢洲(ゆめしま)」という埋立地で、2025年に開催する大阪万博の開催地としても知られています。しかし、地盤沈下の問題を受け、現在スケジュールが若干遅れ気味です。

一方、長崎県は引き続き政府からの審査を受けている最中で、正式に認定されるのを待っている状態です。長崎県でIRが開業される場合、佐世保市にある「ハウステンボス」の一部を使用する予定です。

日本にカジノはいつできる?に関するQ&A

日本にカジノはいつできる?に関するQ&A

最後に、日本のカジノに関する質問に回答していきます。

日本にカジノはいつできますか?

2023年4月に大阪市が日本初のカジノ開業地として認定されました。そして、大阪市は2029年開業を目指して動き出しています。

しかし、夢洲(ゆめしま)の地盤沈下問題が明らかになり、スケジュールが遅れ気味です。今後巻き返す可能性もあるものの、延期になることも考えられるので、あくまで目安として考えておきましょう。

日本にカジノができる場合はどこが有力候補ですか?

2024年現在、国から正式に開業認定を受けているのは大阪市のみです。

また、長崎県もIR区域整備計画を国へ提出していますが、審査結果を待っている最中です。

日本のカジノで遊ぶ際に入場料はとられますか?

IR実施法案によって、日本人・在日外国人が国内のカジノ施設に入場する場合、6,000円を支払うことが定められました。

一方、カジノのメインターゲットとなる外国人観光客は、入場料が無料となります。

世界のIRで支払う入場料は統一されておらず、シンガポールは7,000円~8,000円程度の入場料が設定されている一方、フィリピンやマカオ、アメリカは無料で入場できます。また、韓国は一部をカジノ以外、自国民は原則入場できない決まりとなっています。

日本はギャンブル依存症対策も踏まえ、これらの国の中間を取った状態だと言えるでしょう。

入場制限はありますか?

日本人・在日外国人は、ギャンブル依存症対策の一環として、入場が制限される可能性が高いです。

2024年現在、1週間あたり3回、1ヶ月あたり10回という回数制限が有力となっており、マイナンバーカードの提示・顔認証の導入など、本人確認システムも採用する予定です。

また、競馬などのギャンブルは、成人年齢の引き下げ後も引き続き20歳未満は立ち入り禁止としているので、カジノも20歳未満の入場が禁止されると考えられます。

ちなみに、オンラインカジノの場合は運営側が年齢制限を設けており、20歳以上ではなく18歳以上ならば登録して遊ぶことができることがほとんどです。

オンカジで稼ぐなら、日本人にも馴染み深いパチンコ・パチスロに挑戦してみると良いでしょう。

「新クイーンカジノ」は200種類以上のオンラインパチンコ・パチスロゲームを取り揃えていて、業界内でもトップクラスです。また、実際のパチンコホールでは取り扱っていない、伝説の4号機・5号機でもプレイできます!

今なら当サイト経由で申し込むだけでフリースピン88回+入金不要ボーナス108ドル(約16,000円)を受け取れます!新クイーンカジノをお得に始めるなら今が大チャンスです!

\ 当サイト経由の登録で必ず16,000円がもらえる /

公式サイト:https://shinqueen.com/

日本にカジノができることでパチンコ業界への影響はありますか?

現段階では、パチンコ業界に大きな影響は与えないと考えられています。

パチンコのメインターゲット層は「店舗の近くに住んでいる住民」や「一般層」であるのに対し、カジノのメインターゲット層は「海外からの観光客」や「富裕層」です。

このように、そもそものターゲットが違うので、日本にカジノ施設が誕生したからといってパチンコ業界に脅威を与えることはほぼないでしょう。

しかし、ギャンブル依存症対策としてカジノには入場制限が課せられる予定のため、パチンコに制限がかかる可能性もゼロではありません。

「自宅でパチンコを打てたら良いのに」と思っている方には、オンラインパチンコをおすすめします!

最新の人気機種や、実店舗のパチンコと比較した際の魅力についてはオンラインパチンコ・パチスロおすすめ比較ランキング!を参考にしてください。

カジノが合法化すると、オンラインカジノも合法化しますか?

結論を先に述べると、現時点でオンラインカジノは合法でも違法でもなく、いわゆる「グレーゾーン」の状態にあります。

現在はカジノ法が成立し、日本でカジノを運営することができるようになりましたが、自由にカジノを開業して良いというわけではなく、あくまでも決められた場所&自治体から選定された業者のみが運営できるとされています。

また、日本政府からオンラインカジノを合法化するという表明はされていません。つまり、日本国内で海外のオンラインカジノをプレイするのが、合法とは言えない状態です。

世界各国を見ても、カジノとオンラインカジノは別物として扱われており、カジノが合法になってもオンラインカジノが認められない可能性はあります。そのため、政府の動向をこまめに確認するようにしましょう。

日本にカジノはいつできる?【まとめ】

日本にカジノはいつできる?【まとめ】

日本にカジノがいつできるのかについて、カジノ法案の流れとともに確認してきましたが、いかがだったでしょうか?日本初のIR開業地が大阪市に決定し、2029年オープン予定とされています。

開業まで待ちきれない方やもっと気軽にカジノを楽しみたい方におすすめなのが「オンラインカジノ」です。オンラインカジノはスロットのように手軽なものから、ディーラーとの駆け引きを楽しめるライブゲームまでさまざまです。

また、オンラインカジノならば、スロットでフリースピンが続けばすぐに10万円程度を稼げますし、ジャックポットに当選すれば本当に一晩で億万長者になる可能性があります。

今後、日本のカジノブームを見越して、さらに多くのオンカジ業者が日本向けに運営を始めることも考えられます。日本のIRが開業されるまで、オンラインカジノでカジノの雰囲気を味わいつつ利益を狙ってみてはいかがでしょうか。

オンカジを始めるなら、日本人にも馴染み深いパチンコ・パチスロから挑戦してみると良いでしょう。

「新クイーンカジノ」は実際のパチンコホールでは取り扱っていない、伝説の4号機・5号機もプレイできます!また、当サイトがオンカジ利用者の口コミを独自調査した結果判明した、本当に利用価値があるオンカジおすすめランキングでもTOP3入りを果たしています!

今なら当サイト経由で申し込むだけでフリースピン88回+入金不要ボーナス108ドル(約16,000円)を受け取れます!新クイーンカジノをお得に始めるなら今が大チャンスです!

\ 当サイト経由の登録で必ず16,000円がもらえる /

公式サイト:https://shinqueen.com/

目次