オンラインカジノの税金バレた人が語る体験談・確定申告・税金の計算まとめ

オンラインカジノの税金バレた

日本では、競馬や競輪などの公営ギャンブルで得た収益には税金が課され、所得税の支払い義務が生じます。しかし、オンラインカジノでの勝利金に関する税金の扱いについては、多くの人が疑問を持っています。

そこでこの記事では、オンカジの税金がバレた人の体験談をもとに、オンラインカジノの税金や確定申告、税金の計算方法についてわかりやすく解説します。この記事を最後まで読むことで、オンラインカジノでの収益に関する税金の理解が深まるでしょう。

先に結論を述べると、オンラインカジノは本当に勝てるギャンブルなので、稼げないことはほぼ不可能です。節税したい方は、出金額を年間50万円以内に抑えておき、その他はオンカジ内でプールさせておくと良いでしょう。

なお、日本人がオンカジで稼ぎたいのであれば、オンラインパチンコから挑戦することをおすすめします!

オンパチなら「新クイーンカジノ」
【当サイト限定】新クイーンカジノの入金不要ボーナス

オンラインパチンコ・パチスロで儲けたいのであれば、アジア市場No.1に君臨し続ける新クイーンカジノが断然おすすめです!

新クイーンカジノは200種類以上のオンラインパチンコ・パチスロゲームを取り揃えていて、業界内でもトップクラスです。また、実際のパチンコホールでは取り扱っていない、伝説の4号機・5号機(爆益続出中)でもプレイできます!

今なら当サイト経由で申し込むだけでフリースピン88回+入金不要ボーナス108ドル(約16,000円)を受け取れます!新クイーンカジノをお得に始めるなら今が大チャンスです!

\ 当サイト経由の登録で必ず16,000円がもらえる /

公式サイト:https://shinqueen.com/

目次

オンラインカジノは確定申告が必要?

オンラインカジノは確定申告が必要?

オンラインカジノで儲けたお金には所得税がかかります。そのため、オンラインカジノで稼いだら確定申告の必要があります。

サラリーマンの方は給与分を会社で申告しているので、オンラインカジノの儲け分については給与分とは別に自分で確定申告をしなければなりません。

確定申告の期間は毎年決められていて2月16日~3月15日になっています。その期間中に郵送やオンライン申告でカジノで儲けたお金を申告しましょう。

オンラインカジノの収益は「一時所得」になる

オンラインカジノの収益は「一時所得」になる

所得税や固定資産税などの他に、課税対象となる「一時所得」というものがあります。

競馬や競輪などのギャンブルで稼いだお金や、懸賞や福引で当たったお金、保険の払戻金などが一時所得に当たります。

オンラインカジノで稼いだお金も競馬などの公営ギャンブルと同様に一時所得金となり、税金が発生します。

競馬で大穴馬券が当たったときは、確定申告する人は多いですが、パチンコで万枚出して確定申告する人って聞いたことないですよね?

パチンコやパチスロで勝ったお金も一時所得であることには変わりありません。何故、確定申告をする人が少ないかの理由は、現金で支払われるので収入の証拠が残らずバレにくいということだからです。

実際、バレにくくても脱税行為なので、発覚したらペナルティが発生します。

年間50万円を超えると確定申告が必要

一時所得で課税対象となるのは、年間50万円以上の収入があった場合です。

儲けた金額が50万円未満ならば課税対象にはならないので、確定申告をする必要もありません。

一時所得の場合は50万円が控除されるので、それを踏まえるとカジノから年間で100万円以上出金していなければ税金はかからないことになります。

オンラインカジノの税金はいくら?計算方法を解説

オンラインカジノの税金はいくら?計算方法を解説

それでは稼いだ金額にどのくらい税金がかかるのか?実際に計算して解説します。

まずはオンラインカジノで稼いだ合計金額を計算します。

日付入金額出金額
1月3日20万円70万円
3月3日50万円100万円
5月4日-70万円0円
7月10日10万円30万円

年間で200万円の払い出しがあった場合で計算してみましょう。

オンラインカジノの年間の出金額合計200万円から入金額の合計を引きます。

ここで間違えやすいのは、5月4日のマイナス70万円を入金額として計算に入れることはできないということです。

ギャンブルの一時所得の場合、出金した金額に対しての入金額を計算するので、出金がゼロの場合は入金額を計算に入れることはできません。

つまり勝った日の1月3日、3月3日、7月10日の3日間に入金した金額が入金額の合計となります。合計で100万円です。

200万円-100万円=100万円

一時所得の特別控除額は50万円になるので、100万円から控除額の50万円を引きます。

100万円-50万円=50万円

一時所得の課税対象額は50%になるので

50万円×0.5=25万円

200万円稼いで100万円を入金していた場合は25万円に税金がかかることになります。

オンラインカジノの節税対策

オンラインカジノの節税対策

せっかく稼いだのに税金取られるなんて馬鹿らしいとか、大負けした金額が控除にならないなんておかしいって思いますよね。

本当にその通りです。せっかく稼いだお金をまるまる税金として支払うのではなく、節税対策をやっておけば税金として取られる金額も少なくなります。

一般的によく知られているオンラインカジノの節税対策を紹介します。

50万以上勝たない

一時所得で課税対象となるのは年間50万円以上なので、年間を通して50万円以上稼がなければ税金を支払う必要はなくなります。

かなり勝っていて年間の勝ちが50万円を超えそうならば、プレイをセーブしてみるなど年間の収支を意識してプレイすることが重要です。

とは言え、オンラインカジノは全てのギャンブルの中でも一番儲かるものですから、年間50万円なんて超えてしまう人がたくさんいます。調子がいいときは1回のプレイで50万円なんて簡単に突破しちゃいます。

とは言え、「乗っているときはどんどん稼ぎたいという気持ちが先行し、波を逃したくない」という方もいるでしょう。それならば次の方法で税金対策をおこないます。

50万円以上出金しない

これは非常に重要な節税対策です。

税金はオンラインカジノで勝った分ではなく、支払を受けた分に対して課税されます。

つまり、調子よくて一晩に1,000万円スロットで勝ったとしても、その1,000万円を出金しない限り税金はかからないということです。

年間で50万円以上勝たないというのは非常に難しいので、年間50万円以上出金しないでカジノのバンクにプールさせておくという方法が一番効果的です。

「勝ちやすいゲームジャンルを選んで、多くの利益をプールさせたい」という方は、オンラインパチンコがおすすめです。日本人にとって馴染み深いジャンルなので、気軽に始められますよ!

オンパチなら「新クイーンカジノ」
【当サイト限定】新クイーンカジノの入金不要ボーナス

オンラインパチンコ・パチスロで儲けたいのであれば、アジア市場No.1に君臨し続ける新クイーンカジノが断然おすすめです!

新クイーンカジノは200種類以上のオンラインパチンコ・パチスロゲームを取り揃えていて、業界内でもトップクラスです。また、実際のパチンコホールでは取り扱っていない、伝説の4号機・5号機(爆益続出中)でもプレイできます!

今なら当サイト経由で申し込むだけでフリースピン88回+入金不要ボーナス108ドル(約16,000円)を受け取れます!新クイーンカジノをお得に始めるなら今が大チャンスです!

\ 当サイト経由の登録で必ず16,000円がもらえる /

公式サイト:https://shinqueen.com/

オンラインカジノの税金・確定申告における注意点

オンラインカジノの税金・確定申告における注意点

オンラインカジノで稼いだお金を確定申告するときの注意点について紹介します。

オンラインカジノの収益は記録に残るのでごまかせない

オンラインカジノの入出金は銀行口座を利用しての振込、クレジットカードや仮想通貨などがありますが、これらすべては金融機関の記録として残されています。

パチンコやパチスロならば、現金で受け取るので記録は残りませんが、金融機関の記録に残ってる以上、ごまかすことはできません。

実際、パチンコの収入も確定申告の義務はあるので、現金で記録が残らないからといって税金を支払わないのは脱税行為にあたります。

住民税の通知に気をつける

サラリーマンの方ならば、会社の給与所得などは年末調整で会社がおこなってくれるので、オンラインカジノの収入のみを確定申告することになります。

ここで気を付けなければならないのが、次年度の住民税の金額です。

会社の給与所得とオンラインカジノの収入の合計が課税対象になるので、稼いだ金額がものすごく多ければ、住民税が一気に跳ね上がります。

会社の給与から天引きされるので、普段よりも給与の手取りが凄く少なくなる可能性があるので注意してください。

脱税すると逮捕される

納税は日本国民の義務です。納税をしない場合はペナルティがあるので気を付けてください。税金を納めるのを忘れたり、隠した場合は追徴金が加算して請求されます。

申告が遅れた期間が長ければ長いほど追徴金の金額は大きくなります。故意に申告をせずに脱税していた場合は重加算税が課せられます。この金額は税金の40%になるので約1.5倍の税金を支払うことになります。

また、脱税行為が悪質だと認められた場合は最悪逮捕される可能性があります。確定申告しなければ、バレないんじゃないか?と軽く考えている人も少なくありません。

しかし、オンラインカジノからの払い出した金額は記録されているので、いつかはバレてしまう可能性が非常に高いです。

税金の時効の期限は5年あり、未納税を指摘されるのは複数年に跨ってることも多いです。ただでさえ追徴金が加算されて額が大きくなっているのに、何年も支払っていないととてつもない金額が請求される可能性があるので注意してください。

オンラインカジノの税金はきちんと払おう

オンラインカジノの税金はきちんと払おう

何度も言いますが、税金を支払うのは国民の義務です。

これはごまかしたり隠したりせずにきちんと支払う必要があります。

ただし、馬鹿正直に税金を支払っていると本当にせっかく稼いでも全部税金に持って行かれるような気がしてしまいますよね。

そのために税金対策をしっかりとして、必要最小限の税金だけ支払うように気を付けましょう。ふるさと納税などを利用して控除額を増やすというのもいい方法だと思います。

オンラインカジノは本当に稼げるギャンブルなので、勝ちを抑えることはほぼ不可能ですから、勝ったお金を全て出金するのではなく、必要な分だけ出金して年間50万円以内に抑えておけば税金は全くかかりません!

大金を出金せずにカジノに預けておくのは不安だと感じる人もいるでしょう。しかし大手のカジノならば運営がしっかりしているので怖がることはありません。実際に、オンラインカジノで億を稼いでいる人はほとんど出金せずにカジノにプールさせている人が多いようです。

なお、「勝ちやすいゲームジャンルを選んで、多くの利益をプールさせたい」という方は、オンラインパチンコがおすすめです。日本人にとって馴染み深いジャンルなので、気軽に始められますよ!

オンパチなら「新クイーンカジノ」
【当サイト限定】新クイーンカジノの入金不要ボーナス

オンラインパチンコ・パチスロで儲けたいのであれば、アジア市場No.1に君臨し続ける新クイーンカジノが断然おすすめです!

新クイーンカジノは200種類以上のオンラインパチンコ・パチスロゲームを取り揃えていて、業界内でもトップクラスです。また、実際のパチンコホールでは取り扱っていない、伝説の4号機・5号機(爆益続出中)でもプレイできます!

今なら当サイト経由で申し込むだけでフリースピン88回+入金不要ボーナス108ドル(約16,000円)を受け取れます!新クイーンカジノをお得に始めるなら今が大チャンスです!

\ 当サイト経由の登録で必ず16,000円がもらえる /

公式サイト:https://shinqueen.com/

目次