タンデムスタイル11月号(No.198)の記載に誤りがございました。 お詫び申し上げますとともに、下記のとおり訂正させていただきます。

36ページ

本文上段14行目、「バイクがCBR250Rだった」となっておりますが、正しくは「バイクがCBR250FOURだった」となります。

44ページ

KAWASAKI KLX250 Final Editionの車両紹介文の内容が誤っておりました。
1つ上の項目にありますHONDA X-ADVと同様の文章が記載されておりますが、正しくは以下になります。

KLX250 Final Edition
90年代の面影をそのままに
4ストローク250ccデュアルパーパス。2016年、KLX250の最終モデルとして発売された。90年代、KLXはエンデューロバイクとしても一世を風靡。このファイナルエディションには当時のグラフィックが採用されている。フロントサスペンションは正立から倒立へ、燃料の供給はキャブレターからインジェクションへと進化を遂げた。走破性の高いKLXエンジンは、これで最後。惜しまれつつ現在は生産終了。

 

読者の皆様、ならびに関係者の皆様に大変な誤解とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

タンデムスタイル編集部