“メタル・ゴッド” 伊藤政則をはじめ、2号連続登場の古田新太、マーティ・フリードマン × ROLLY、野村義男、BOWWOWの山本恭司、ラウドネスの高崎 晃など、今号も特濃インタビュー満載でお届け!

昭和40年生まれの男性向けに、“刺さる” コンテンツを満載した年齢限定マガジン『昭和40年男』。通算70号目となる12月号を11月11日(木) に発売いたします。毎号大ボリュームでお送りしている巻頭特集は「魂の導火線」。これまでもさまざまな音楽の特集を展開してきた本誌ですが、満を持して (?) 初の “昭和ハードロック/ヘヴィメタル” をフィーチャーした大特集をお届けします。表紙は、昨年惜しくもこの世を去り一周忌を迎えた、エディ・ヴァン・ヘイレンに、追悼の意を込めつつ飾ってもらいました。HR/HMファンはもちろん、昭和ロック好きなら必読の今号、ぜひお手に取ってご覧ください。

昭和40年男 Vol.70 表紙イメージ
『昭和40年男』2021年12月号/vol.70 … 11月11日 (木) 発売、定価 780円 (税込) 。全国の書店・コンビニ、ネット書店、クレタ オンラインショップ等でお買い求めください。

巻頭特集は…「俺たちに火をつけた 昭和ハードロック/ヘヴィメタル ― 魂の導火線」!

毎回、複数の章立てを設定して構成している巻頭特集。今回は【PROLOGUE】【EPILOGUE】にはさんでの【第1章】【第5章】という形を取り、全体としては7部構成となっています。

その前にまず「狂熱のHR/HM 特選PHOTOGRAPH」と題したグラビアページを用意。キッス、エアロスミス、レインボー、ヴァン・ヘイレン、アイアン・メイデン、モトリー・クルーなど、代表的なバンドたちを厳選写真で振り返ります。HR/HMファンなら、ここでまさに “魂の導火線” に火がつくこと間違いなし!

そして始まる特集本編の【PROLOGUE】を飾るのは伊藤政則さん。昭和40年男世代のメタルキッズたちにロック魂を注入し続けてきた “メタル・ゴッド” が、「HR/HM黄金時代」と題し、ハードロック/ヘヴィメタルの歴史と存在意義について大いに語ってくれました。

続く【第一章】「タメ年 SPECIAL TALK」。ズバリ昭和40年生まれならではのリアルなHR/HM体験を、タメ年男たちに語ってもらいました。前号 vol.69 の「タメ年男の正体」から連続登場となった古田新太さんをはじめ、マンガ家の髙橋ツトム先生、人間椅子和嶋慎治さんが登場。読者の体験とも照らし合わせて、「そうそう!」と共感しつつ読んでいただきたいところです。

【第二章】「MUSICIANが見たSCENE」。キャラ立ちバツグンで硬軟織り交ぜたコメントも鋭い2人のギタリスト、マーティ・フリードマンさんとROLLYさんが「激硬対談」を繰り広げます。

【第三章】「ET CETERA」として、HR/HM関連のアレコレをバラエティ豊かにお届け。ファッション専門誌楽器屋、傑作ミュージックビデオ、日本独自の文化と言えるレコードの邦題、そして伝説のライブなど… HR/HM沼にどっぷりハマって生きてきた人ほど楽しめるパートです。

【第四章】「SCENEを支えた男たち」では、文字どおりHR/HMの送り手としてシーンを支えてきた証言者たちが登場。ウドー音楽事務所高橋辰雄副会長、元・東芝EMIディレクター森 俊一郎さん、専門誌『BURRN!』広瀬和生編集長、音楽番組『PURE ROCK』でMCを務めていた和田 誠さん… と、錚々たる面々の貴重なインタビューには、数々の新たな発見があることでしょう。

【第五章】「ジャパニーズHR/HM概論」では、特に日本のシーンにフォーカス。その黎明期から活躍し、今なおファンを熱狂させ続ける、BOWWOW山本恭司さん、ラウドネス高崎 晃さんのインタビューは必読!

大トリとなる【EPILOGUE】に登場してくれたのは、今や押しも押されもせぬ人気ギタリストの野村義男さん。今号の表紙を飾ったエディ・ヴァン・ヘイレンに似ているとよく言われてきた “よっちゃん” が、「エディに捧ぐ」として、少年時代から影響を受けてきた彼への想いを語ってくれました。

この特集を読めば、“魂の導火線” についたHR/HM炎は、なおメラメラと燃え盛ることでしょう!

巻頭特集だけじゃない! 連載企画ももちろん充実!

毎号ある一年にスポットを当てて、その年のトピックスを “再検証” する連載特集「夢、あふれていた俺たちの時代」では、昭和40年男が21歳の年、昭和61年 (1986年) をフィーチャー。おニャン子クラブの隆盛、サッカーW杯メキシコ大会を熱狂させたマラドーナ、マンガ『YAWARA!』連載開始、輪島のプロレス転向、インクスティック芝浦ファクトリーのオープン… などを取り上げています。

毎号掲載のインタビュー企画もまたまた豪華。「ガツンとひと言。兄貴の説教」にはお馴染みの南こうせつさん、「俺たちのアイドル」には今もピカピカに光ってる宮崎美子さんが登場!

充実の連載陣に加え、前号の表紙と巻頭を飾ってくれたタメ年男、“ニッキ” こと錦織一清さんによる新連載もついにスタート! ファン待望の “マニアック&エンドレス” な誌上トーク「少年ニッキ」をこれから毎号お届けします。

季節は冬へと向かっても『昭和40年男』は隅から隅まで熱く燃えてます…! 読者の皆さんもぜひ!
全国の書店・コンビニ、ネット書店の他、クレタ オンラインショップでも発売。どうぞお買い求めください。

※本文中、直接取材をさせていただいた方以外は、基本的に敬称略とさせていただいております。

『昭和40年男』2021年12月号/vol.70 誌面紹介

昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
巻頭特集/魂の導火線 <PROLOGUE>
メタル・ゴッド 伊藤政則が語る
HR/HM 黄金時代

“メタル・ゴッド” 降臨! 本誌初となるハードロック/ヘヴィメタル特集を企画するにおいて、この人の登場なしはあり得ない。昭和40年男のヘヴィメタルキッズに長年にわたりロック魂を注入し、影響を与えてきた音楽評論家・伊藤政則。特集の前段としてのHR/HMの歴史と存在意義について話を聞いた。
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
巻頭特集/魂の導火線 <第二章> タメ年 SPECIAL TALK
古田新太から昭和40年男への
HR/HMのススメ

俳優・古田新太、本誌2号連続の登場である。前回はキャリアを紹介する内容のインタビューを掲載したが、今回は小学生でキッスの洗礼を受けて以来魅了され続けているHR/HMへの愛を、時間の許す限り語ってもらった。
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
巻頭特集/魂の導火線 <第二章 MUSICIANが見たSCENE>
70年代後期~80年代のシーンを語る
マーティ・フリードマン × ROLLY 激硬対談

硬軟織り交ぜたコメントが好評で、さまざまなメディアで活躍するギタリストと言えば、マーティ・フリードマンとROLLY。1970年代後半から80年代にリスナー&ミュージシャンとしてHR/HMに入れ込んだ二人が、この時代のシーンを “激硬” 対談!
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
巻頭特集/魂の導火線 <第三章 ET CETERA>
HR/HMタイムマシーン
傑作MV劇場

角川映画の「読んでから見るか、見てから読むか」ではないが、80年代の音楽界も、まさに「聴いてから見るか、見てから聴くか」の時代に。『ベストヒットUSA』のタイムマシーンコーナーよろしく、当時テレビでよく流れていた代表的なMVを紹介します。
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
巻頭特集/魂の導火線 <第五章 ジャパニーズHR/HM概論>
ジャパニーズハードロックのパイオニア
山本恭司が語る爆音哲学

1975年のオリコンによれば、年間シングルヒット1位は「昭和枯れすゝき/さくらと一郎」。そんな時代に結成したBOWWOWは極めて刺激的だった。山本恭司のギターサウンドはどこからきて、どこへ向かうのか。レジェンドの変遷を本人と共に振り返る。
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
巻頭特集/魂の導火線 <第五章 ジャパニーズHR/HM概論>
日本にヘヴィメタルを根づかせた
高崎 晃 が語る80年代のラウドネス

1981年、俺たちの前に海外ミュージシャンに劣らない本格的なHR/HMバンドが登場した。そう、ラウドネスだ。このバンドはいかに誕生し、日本だけでなく海外でもどのように大活躍をしたのか…。このバンドのギタリストの高崎 晃が熱く語る!
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
巻頭特集/魂の導火線 <EPILOGUE>
追悼一周忌・エディが教えてくれたギター奥義
野村義男、エディに捧ぐ

特集掉尾を飾るのは、気になる一個違いのよっちゃんこと野村義男の登場。俺たち世代を代表するギタリストに、2020年10月6日にこの世を去った、偉大なミュージシャンであり、ロック史における唯一無二の存在である伝説のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンの魅力を伺った。
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
連載特集/夢、あふれていた俺たちの時代 昭和61年
1986年のヒットチャートを席巻したおニャン子クラブ
昭和40年男が振り返る、35年後のおニャン子レポート。

1985年4月に放送がスタートした『夕やけニャンニャン』から生まれたアイドルグループ・おニャン子クラブが、最も輝きを見せたのがデビュー翌年の86年。80年代アイドルブームを消費尽くしたと言われる彼女らの異常なまでの人気ぶりを、当時番組スタッフとして関わっていた昭和40年男が振り返る。
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
連載特集/夢、あふれていた俺たちの時代 昭和61年
サッカーワールドカップ メキシコ大会 アルゼンチン優勝
5人抜きに “神の手” ゴール 世界がマラドーナに熱狂!

伝説の5人抜きゴールに “神の手” ゴール。W杯メキシコ大会はまさに “マラドーナのためのマラドーナの大会” となった。元日本代表ストライカー・福田正博にマラドーナが見せたすごさと愛されてやまない人間的魅力を聞く。
昭和40年男 Vol.70・誌面イメージ
連載インタビュー企画/俺たちのアイドル
“自分が楽しければ周りも楽しい。そう思って新しいことに挑戦しています。”
宮崎美子

♪ いまのキミはピカピカに光って~ あきれかえるほどステキ~。眩しい笑顔と水着姿で一世を風靡したCMから41年。このフレーズが今もぴったり合うのはこの人しかいない。女優として多くの作品に出演、知性派タレントとしても大活躍。変わらぬ笑顔と才媛ぶりで俺たちを魅了し続ける宮崎美子の登場!

『昭和40年男』2021年12月号/vol.70 CONTENTS

俺たちに火をつけた 昭和ハードロック/ヘヴィメタル
魂の導火線

ある日のこと。ヤツは得意げな顔で教室にキッスの写真を持ち込んだ。兄貴の影響であることは間違いないのだが、ジュリーもドリフターズも霞むほどの黒船来襲だった。「ウチに来ればレコードで聴けるよ」との言葉に乗ったガキどもは、その放課後にメガトン級の爆弾を脳天に落とされたのだった。…と、俺たち世代の “ファーストハード体験” がキッスだったなんて声はよく聞く。

「もうガキとは呼ばせないぜ」と勘違いが始まった頃、キッス以外にもハードロック/ヘヴィメタルを引っ提げたミュージシャンが次々と現れた。俺たちは来襲する黒船たちに震えながら、怒涛の攻撃を受け続けたのだ。そしてやがて、さほど多くの時間を要さずして、俺たちは右手を硬い拳にして突き上げ叫んだ。「子供騙しのポップスなんかもうまっぴらゴメン。ディスコもテクノもうんざりだ。俺たちの魂にもっともっと火をつけてくれ」

メラメラと燃えたあの日を取り戻す、ハードでヘヴィな大特集をお届けしよう!!

  • 狂熱のHR/HM 特選PHOTOGRAPH

【PROLOGUE】

  • メタル・ゴッド 伊藤政則が語る HR/HM黄金時代
  • 今さら人に聞けない HR/HM用語の基礎知識

【第一章】 タメ年SPECIAL TALK

  • 古田新太から 昭和40年男への HR/HMのススメ
  • マンガ家 髙橋ツトム
  • ミュージシャン 和嶋慎治(人間椅子)

【第二章】 MUSICIANが見たSCENE

  • 70年代後期〜80年代のシーンを語る マーティ・フリードマン×ROLLY 激硬対談

【第三章】 ET CETERA

  • 俺たちを熱くした! けど手に入れるのは大変だった… HR/HM FASHION
  • いちばんの情報源は雑誌だった あの頃の音楽専門誌
  • HR/HM名盤選 邦題と帯の深くて長い関係
  • 俺たちが目撃した 伝説のライブ・イン・ジャパン
  • 時を忘れ、いつまでも眺めていた 楽器屋はHR/HMの宝箱
  • HR/HMタイムマシーン 傑作MV劇場

【第四章】 SCENEを支えた男たち

  • ウドー音楽事務所 副会長 高橋辰雄
  • 元・東芝EMIディレクター 森 俊一郎
  • 音楽雑誌『BURRN!』編集長 広瀬和生
  • 音楽番組『PURE ROCK』MC 和田 誠

【第五章】 ジャパニーズHR/HM概論

  • 日本のロックが辿った もうひとつの歴史
  • ジャパニーズハードロックのパイオニア 山本恭司が語る爆音哲学
  • 日本にヘヴィメタルを根づかせた 高崎 晃が語る80年代のラウドネス

【EPILOGUE】

  • 追悼一周忌・エディが教えてくれたギター奥義 野村義男、エディに捧ぐ

連載インタビュー企画

  • 荒海に生きるタメ年男。
    ヘアメイクアップアーティスト 宮城 浩 「カリスマ美容師ブームに乗れず、ヘアメイクの世界に入れ込んだ。」
  • 追憶のボール 第三十球
    中尾孝義 「まあ乱闘覚悟くらいの気持ちでやってましたけどね。」
  • ガツンとひと言。兄貴の説教
    南こうせつ 「次の世代に何を残せるか、自らに問え!」
  • 俺たちのアイドル
    宮崎美子 「自分が楽しければ周りも楽しい。そう思って新しいことに挑戦しています。」

連載特集: 夢、あふれていた俺たちの時代 昭和61年 (1986年)

  • 昭和40年男的 こころのベストテン
  • 1986年のヒットチャートを席巻した おニャン子クラブ
  • サッカーW杯 メキシコ大会 世界がマラドーナに熱狂
  • 浦沢直樹『YAWARA!』連載開始
  • 輪島大士、プロレス転向。全日本入り
  • インクスティック芝浦ファクトリー オープン
  • 夏の甲子園 松山商 準優勝

昭和40年男のための健康講座

  • 目の衰えは老眼だけではない! 視力を保つことができますか?

新連載

  • 錦織一清 コラム ― 時のペン先が綴る物語 少年ニッキ

連載:

  • 悲惨な戦い (カベルナリア吉田)
  • 気まぐれ福田君新聞 (福田幸広)
  • 昭和40年の男 (泉 麻人)
  • ひと手間加えて、さらに美味しく! お料理寅さん (平野貴之&平川 恵)
  • DJフクタケの 謎の円盤 POP
  • 人情、激情、愛情!! 昭和政治は浪花節 (濱口英樹)
  • 昭和アイドル・キャッチフレーズ研究所 チェリーのアイドルボム
  • みくに文具のプラモ棚 (上田 大)
  • 安田謙一の 西の国から吹くコラム Sangari★a
  • 昭和鉄道S40系 (西川卓志)

​雑誌 『昭和40年男』『昭和50年男』『昭和45年女・1970年女』(クレタパブリッシング発行) とは

さまざまな体験の積み重ねが人間を形成していくのであれば、それらをひもといていくことは、自らのルーツを探る、すなわち今の自分を知ることと同義のはず。単なる「懐古趣味」ではなく、“故きを温ね新しきを知る” ─「温故知新」を目指して刊行してきた『昭和40年男』は、「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」を「明日を生きる活力」に変えることをコンセプトとした、昭和40年 (〜41年3月) 生まれの男性のための情報誌です。

そのコンセプトを引き継ぎつつ、2019年には兄弟誌『昭和50年男』を創刊。さらに今年、新たな女性誌への挑戦として、姉妹誌『昭和45年女・1970年女』も発行いたしました。内容はそれぞれの年生まれ向けに特化していますが、昭和を振り返りたい、知りたい方でしたら、もちろん世代や性別を問わずにお楽しみいただけます。

『昭和40年男』

『昭和50年男』

『昭和45年女・1970年女』

クレタ オンラインショップ

ラジオでも『昭和40年男』コーナーを展開! 編集長・北村が出演中

SBC信越放送『MiXxxxx+ (ミックスプラス) 』 (月~金 13:00~16:20) 内
「ミックス・トークセレクション」の「われら昭和40年男」(月 13:13~)
番組公式サイト:https://sbc21.co.jp/blogwp/mixplus/

コミュニティ放送局・エフエム世田谷
『アフタヌーンパラダイス』 (月~金)
木曜日/パーソナリティー 杉 真理さん (13:00~16:55) 内
マンスリーコーナー「ラヂオ昭和パラダイス!」(第3木曜日 15時台)
番組公式ブログ:http://blog.afpara.com/?cid=5