さまざまな場面で何かと厳しい状況が続く現在、ここが踏ん張りどころ!とばかりに、特集は「俺たち ど根性世代」。表紙は『巨人の星』のアニメ版オープニングからの名シーンが飾る

昨年で創刊10周年を迎えた、昭和40年生まれの男性向け年齢限定マガジン『昭和40年男』。3月11日(水)に第60号「俺たち ど根性世代」が発売となった。伊藤 蘭さんスペシャル・インタビューも掲載。キャンディーズ・トークも!

『昭和40年男』2020年4月号(3月11日発売)
『昭和40年男』vol.60(2020年4月号)3月11日(水)発売 定価780円(税込)
『巨人の星』 (C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社・TMS

伝説のマラソンランナー・瀬古利彦さんへのインタビュー「勝つためには、どんな時代でもど根性」から始まる特集は、「SIDE A ENTERTAINMENT」と「SIDE B REAL WORLD」の二部構成。
「SIDE A」では、ど根性といえば外せない『ど根性ガエル』をはじめ、『巨人の星』や『侍ジャイアンツ』などの「スポ根」もの、モロボシ・ダンに鍛えられた『ウルトラマンレオ』など、昭和40年男が親しみ、「ど根性」マインドを培われたアニメやドラマなどを振り返る。
「SIDE B」では、今考えると理不尽だが同世代で話すとなぜか思い出として盛り上がってしまう、学生時代の部活や新社会人時代の研修におけるど根性エピソードを紹介。続けて、懐かしのチャレンジボーイ『びっくり日本新記録』の轟 二郎さんをはじめ、プロレスラー越中詩郎さん、ミュージシャン代表としてザ・コレクターズなど、さまざまなジャンルの方々にご登場いただき、「ど根性」をテーマに語ってもらった。
いまだに「根性論」「精神論」の弊害も何かと目立つ昨今だが、「真のど根性」とは何か、それは誰かに強いるものでも強いられるものでもなく、あくまで己のなかで燃やすものではなかったか ― そんなことをあらためて考えさせる特集だ。

「Special interview 伊藤 蘭」より抜粋

そして特集以外でも毎号力を入れているインタビュー記事には、昭和40年男世代にとってキャンディーズ時代からの憧れの人、ランちゃんこと伊藤 蘭さんが登場。これまでキャンディーズに関する記事は何度も掲載してきた本誌だが、実はメンバー直撃は10年越しで待望のお初!ということで、スペシャル企画として掲載。昨年、41年ぶりに再開した音楽活動について、コンサートやアルバムレコーディングの様子などを中心に、もちろん、キャンディーズ時代のエピソードや、スーちゃん、ミキちゃんへの思い、交流についても語っていただいた。

他にもまだまだインタビュー記事は充実。アニソンの女王・堀江美都子さんや、ポップシンガーからジャズピアニストとなった大江千里さんなど、さまざまな方にご登場いただいている。
ずばりタメ年な昭和40年男はもちろん、それ以外の世代の方々も、ぜひ『昭和40年男』vol.60を手に取り、昭和の熱い想いをよみがえらせ、楽しいひと時を過ごしていただきたい。

CONTENTS

[巻頭特集] 俺たちど根性世代
うさぎ跳びがヒザに悪いなんて知らずに、ぴょんぴょん跳ねた俺たち。どんなに喉が渇いても練習中に水が飲めなかった俺たち。根性、根性、ど根性~♪ とブラウン管からも叱咤激励されていた俺たちだ。たとえ心で泣こうとも、俺たちは明日を信じてがんばった。本当に、よ~くがんばった。今思い返せば涙が出ちゃうほど健気にいたいけに、ど根性な社会にしがみついていたんだな。時は流れ、現代社会では“ど根性”なんて言葉はほとんど死語になり下がってしまった。だが、俺たちが生きた“ど根性時代”を否定はしたくない。そこを生きたリアルが心と体に染みついているから、歳を重ね残酷なまでに弱った俺たちなのに、明日への元気と夢をあきらめないのだ。その源はあの日培ったど根性に他ならない。この特集を読めば、俺たちが俺たちである所以を、きっと思い起こすことができるはずだ!!

【PROLOGUE】瀬古利彦が語る「勝つためには、どんな時代でもど根性」

【SIDE A】ENTERTAINMENT
“どっこい生きてる”『ど根性ガエル』の教え/梶原一騎が描いた“陰”と“陽”のど根性ストーリー『巨人の星』vs.『侍ジャイアンツ』/試練をバネにして成長 少女マンガ主人公の折れない心/耐えろ、ゲン!戦え、ウルトラマンレオ!/スポ根と少女マンガの融合が生んた青春学園ドラマの傑作『おれは男だ!』/俺たちも『どっこい大作』だった!/それを語らずして栄光への道は開けない アニメやドラマから教わったど根性

【SIDE B】REAL WORLD
どっこい!俺たちのど根性日記 根性主義から個性重視へ/豊かさへの変化によって変わった 教育現場/五輪の舞台できらめいた汗と涙とど根性/家族で笑い、応援したチャレンジボーイ『びっくり日本新記録』/“ど根性”が生んだ高校野球の伝説 愛甲 猛の根性論/ロング・リブ・ロック! 不死身のモッズ魂 ザ・コレクターズ/カムバックを成し遂げた芸人の熱い魂 森脇健児/七転び八起きのプロレスラー 越中詩郎、不屈の侍魂/本田宗一郎、松下幸之助、稲盛和夫など 世界的企業を育てた男たち

【EPILOGUE】スポ根が染みついた俺たちの精神性を見つめ直す “ど根性”は死んだのか…?

[連載特集] 夢、あふれていた俺たちの時代「昭和60年」
昭和40年男的こころのベストテン/内海和子が語るおニャン子クラブ/80年代中盤に大ブレイクしたセーラーズ/W杯アジア最終予選・日韓戦 木村和司伝説のフリーキック/ホンダからクイントインテグラなど人気車が登場/「ウィ・アー・ザ・ワールド」リリース 「ライブエイド」/居酒屋チェーンブーム最盛

[インタビュー]
俺たちのアイドル/堀江美都子「声帯は全く衰えていないと思っています」
荒海に生きるタメ年男。/江幡哲也「定年まで逃げきるなんて不可能。我々にはやるべきことが山積みだ」
ガツンとひと言。兄貴の説教/大江千里「いらないものが見えなくなって美しいものが見えるようになった」
追憶のボール 第二十球/梨田昌孝「最後の打席はあのヒット、それで最後の守りはなんの夢もないあの場面」

[Special interview]
伊藤 蘭「いかに楽曲に恵まれていたかをあらためて感じています」

雑誌 『昭和40年男』『昭和50年男』(クレタパブリッシング発行) とは

さまざまな体験の積み重ねが人間を形成していくのであれば、それらを紐解いていくことは、自らのルーツを探る、すなわち今の自分を知ることと同義のはず。単なる「懐古趣味」ではなく、“故きを温ね新しきを知る”─「温故知新」を目指して刊行してきた『昭和40年男』は、「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」を「明日を生きる活力」に変えることをコンセプトとした、昭和40年(〜41年3月)生まれの男性のための情報誌です。昨年10月に創刊10周年を迎え、その節目の新たな挑戦として10歳下の世代、昭和50年(〜51年3月)生まれの男性へ贈る兄弟誌『昭和50年男』も新創刊。内容はそれぞれの年生まれ向けに特化していますが、昭和を振り返りたい、知りたい方なら、もちろんどんな世代でもお楽しみいただけます。

『昭和40年男』公式サイト
https://www.s40otoko.com

『昭和50年男』公式ページ 
https://www.crete.co.jp/s50otoko/